冬の北海道観光の注意点、持って行った方がいいもの

防寒対策のし過ぎに注意


寒い地域へ観光となると、自分の地域と違う寒さや冷気の痛さがあります。寒い日に手放せないのが、ヒートテックやカイロだと思います。
ですが、寒い地域の室内はとても暖かく汗っかきの方は注意が必要です。汗をかいたまま外に出ると、簡単に風邪をひいてしまいます。なのでヒートテックだと暑すぎるなと思う方は、代わりにロングTシャツや半袖のTシャツなどを着て体温を調節することをオススメします。
中に着こむのが苦手な方は、コートで完全防備することで着こまずに暖かく観光ができます。ロングコートだと丈が長いのでお尻も暖かいです。特に女性は冷えが大敵なので、お尻まで暖かいロングコートをオススメします。
足元が冷えると全身に冷えが回るので、靴下の重ね履きをしてください。きつめの靴下を重ね履きすると足が窮屈になるので、緩めの靴下がいいと思います。

寒い地域で持っているといい物


寒い地域では顔以外の露出は避けたほうがいいので手袋は複数持っていると便利だと思います。手は長時間寒い空気に触れるとかじかんでしまいます。手がかじかまないように手袋は必須な持ち物です。毛糸の手袋よりもフリース素材の方が風を通しにくいです。手袋が雪で濡れてしまうことを考えると複数ある方が観光の時にも便利だと思います。
寒い地域は常に雪があると言っても過言ではありません。普通の靴だと雪で濡れてしまうのでスノーブーツがオススメです。スノーブーツの中が暖かい素材だと足元が冷えにくいです。
スノーブーツでも長時間歩くと靴下が濡れてしまうと足からの冷えは腹痛などを起こしてしまうので、厚手の靴下を多めに持って行くことをオススメします。

札幌旅行の醍醐味といえば、グルメです。ジンギスカンや海鮮料理、スープカレーや味噌ラーメンなど、魅力あふれる名物がたくさんあります。